追い焚き機能付きの給湯器 賃貸アパート | アパート探し 素人目線で感じたポイントを

追い焚き機能付きの給湯器 賃貸アパート

賃貸物件に追い焚き機能付きの給湯器が備えられている物件が増えてきているんでしょうか…?追い焚き機能が付いている給湯器の方がない給湯器より便利なのは間違いのないところ。ただ、それが家賃に反映されてると思うと微妙ですし、ガス代の方も気になります。追い焚き機能付きの給湯器について考えてみることにしましょう。

賃貸アパートの追い炊き機能付き給湯器の普及

追い炊き機能付き給湯器について色々と考えてみる前に、いったい現在の賃貸物件にどのくらい普及しているのか調べてみました。調べは例によってsuumoの条件検索を利用しました。サンプルもまた例によって世田谷区盛岡市です。この地域選択が理にかなっているかは不明ですが、温暖な都会と、寒冷な地方という意味です。

表を見れば一目瞭然。全体としては追い炊き機能付き給湯器の普及率は3分の1ほどですね。盛岡市の方が若干高いのかな?間取り別でみると、単身用よりも家族用の方が圧倒的に普及しています。当たり前といえば当たり前、一人暮らしだとそもそも追い炊き不要ですからね。

世田谷区

全体追い炊き機能付き物件
全物件 57725 18850 32.7%
1DK以下 40229 7471 18.6%
2LDK、3DK 3743 2701 55.3%

盛岡市

全体追い炊き機能付き物件
全物件 13154 4871 37.0%
1DK以下  5684 926 16.3%
2LDK、3DK 2156 1281 59.4%

追い炊き機能付き給湯器、賃貸アパートには広く普及してるわけじゃないんだ~。なんとなく地域差もありそう。

追い焚き機能付きの給湯器とは?

追い炊き機能とは、ぬるくなった浴槽のお湯を沸かすことです。浴槽の湯をパイプで給湯器に引き込み、湯沸し器とは別の追い炊き釜で温め、またパイプを通って浴槽に戻します。家族が交替で入浴するうちに冷めてしまったお湯を適温に維持したり、2日目のぬるま湯を沸かしなおすのに使います。

追い焚き

浴槽に張ってあるお湯や水を、再び設定温度まで温めてくれる機能。給湯器に追い焚き釜が付いていて、循環して浴槽の湯を温めます。新しい水は使わないので、浴槽のお湯の量はそのままです。設置コストがかかります。

さし湯

浴槽のお湯がぬるくなって温める際、60~80度のお湯を注いでお湯の温度を上げる方法。給湯器からのお湯を使用します。新しく水を使うので、浴槽のお湯の量が増え、水道代もかかることになります。お湯が減り、温度が下がってしまった場合、元の湯量と温度に戻すのには都合よさそうです。

足し湯

浴槽のお湯が減ってしまった時、既定の量まで増やすこと。この際、足すお湯は設定された温度のお湯が出てきます。ぬるくなったお湯を温めなおすには向きません。浴槽の水は増えるので、水道代がかかります。

浴槽のお湯を温めなおすにも色々な方法があるのね。

節約面では追い焚き機能に軍配か・・・?

数人の家族が順に入浴していくうちに、だんだんとお湯が冷めてきます。冷めたお湯を適温に戻すのに追い焚き機能を利用するか、さし湯を使うかの比較です。ここでは、翌日温めなおすという使い方は想定しません。

基本的な考え方として、追い焚きはぬるくなったお湯を温めます。さし湯は冷たい水道水を温めます。35度のお湯を40度にするのと、15度の水を40度にするのに、どちらがエネルギーを必要とするか…?考えなくてもわかりますよね。

ただ、家族構成や入浴の仕方などによって条件は変わってくるので、一概にどちらが得かは言えません。例えば一人暮らしなら、そもそも追い焚き機能自体が必要ではありません。超長湯する人が、ぬるくなったので温めなおすとかない限り使わないでしょう。

なるほど、給湯器は冷たい水を温め、追い炊きはぬるいお湯を温める。温度差が少ない方が効率は良いわな。

節約を目指すなら別の手段で考える方が賢明

節約を考えるなら、入浴の間隔をできるだけ短くし、お湯が冷めないうちに済ませてしまいましょう。要するに、追い焚き&さし湯ともに使う時間を減らしましょう。

また、プロパンガスと都市ガスでは都市ガスの方が断然安いです。さらに、プロパンガスはガス会社がガス料金を自由に決められるため、価格差が大きくなっています。持ち家ならガス会社の料金を比較して決めることができます。賃貸物件だと自分でガス会社を決めることができないので、かなり高額に設定されていることが多いです。そのぶん、大家さんに甘かったり…。

節約を考えるなら、追い焚きとかよりも入浴方法などの方が現実的なのかもね。

引越したアパートのプロパンガス料金が高くてビックリ!
アパートに引っ越して、プロパンガス料金が高くてビックリした人は多いんじゃないでしょうか?ボクもビックリ!で、色々と調べていくうちに、なんだか納得いかない理由が浮き彫りになってきました。結局はアパートの住人は弱い立場にあるようです。

最後に一言

賃貸アパートでの追い炊き機能付き給湯器はまだまだ3分の1ほどの普及率。アパートを探す際の優先順位で上位に入れてる人が多いようです。しかし、実際のところ追い炊き機能に替わるものとして、さし湯でカバーできます。個人的にはないよりもあった方がいいかな~という程度かと。ですので、アパート選択の優先順位は下の方でいいんじゃないかと思うのですが…。個人的には。

コメント

タイトルとURLをコピーしました