アパート借りる時の契約一時金って? | アパート探し 素人目線で感じたポイントを

アパート借りる時の契約一時金って?

今回のアパート探しで初耳だった項目が2つあります。1つは家賃保証会社、もう1つがこれから書きます契約一時金という項目。物件情報の家賃や敷金&礼金などの目立つ場所には書いてなくて、備考欄の一番下の方にしれっと書いてあることが多いです。金額も6万円とか10万円とか、看過できない金額です。

保証会社についての記事はこちら

契約一時金とは何?

物件情報を見ていると、割合はかなり少ないのですが、初期費用で契約一時金というのを取るところがあります。これは一体何かと申しますと、払ったら戻って来ないお金で礼金と意味合いは同じ。恐らくはボッタクリのお金なのではないかと…。少しでも多く借主から徴収するための項目に思えます。

通常の初期費用では敷金&礼金の2つが一般的。敷金は退去時の修繕費に充てられるお金で、基本は戻ってくるお金。礼金はその名の通り大家さんへのお礼の意味を込める戻ってこないお金です。戻ってこないお金はできることなら払いたくないですよね。礼金ナシのふりをして、契約一時金という別の形でもらおうという魂胆。かな?

契約一時期は初期費用のひとつ。礼金と同じく大家さんに払うお金で戻ってこないお金です。

礼金ナシと思わせて詳細ページに誘導

アパート探しでSUUMOとか見てると、まずは物件一覧の画面が出てきますよね。そこには重要な項目(家賃、共益費、敷金、礼金、間取り、専有面積、築年数など)が表記されています。この一覧に出てくる項目を見て気になる物件があれば、詳細ページに進むというパターン。

戻ってこない礼金が1ヶ月とか2ヶ月とか表記があれば、礼金ゼロ物件を探してる人からすればスルーしますよね。なので、礼金ゼロで釣って詳細ページに誘導。こっそり目立たない場所で契約一時金を載せておく。最終的には戻って来ないお金として契約一時金は説明されるでしょうけど、まずは詳細ページまでは呼び込めるでしょうからね。

礼金がゼロと思わせてお客さんを釣って、実は返還されない契約一時金が必要なんですよ…というオチ

契約一時金には悪意を感じてしまいます

大家さんの懐に収まる戻ってこないお金という意味では、礼金と契約一時金は同じと考えてよいのでは?正々堂々と礼金として掲載せず、せこく契約一時金に名を変え半分騙すやり方には悪意を感じますよね。(そうでない場合もあるでしょうけど。)こういう家主さんは他のことでもせこいのかも…と勘ぐってしまいます。自分だったら契約一時金を取るところは、即刻却下しますね。

そうは言っても、物件がとても気に入ってるなら候補の土俵には乗せたいところ、敷金や礼金など初期費用だけでなく、相場に対する家賃のレベルだったり、契約期間トータルでの出費を総合的に考えましょう。その上でメリットあるなら契約するのもありかなと。

正々堂々と礼金にすればいいのにね。契約一時金だとコソコソしてるようで悪意を感じちゃいます。

アパート探し 気になる初期費用
アパートを借りる時の初期費用は思ってるよりもずっと高額になります。敷金、礼金、仲介手数料・・・などなど。物件によってもだいぶ前後しますが、おおよその目安で家賃の5ヶ月分と言われています。初期費用の各項目について素人目線で書いていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました