アパートなどの間取り LDKとDKの違いってなに? | アパート探し 素人目線で感じたポイントを

DKとLDKの違いってなに?

アパート探しをしてると必ず出くわすのが〇DKとか〇LDK。DKとLDKの違いは何なんでしょう?端的に言うと広さです。キッチンを含む一つの部屋の広さで呼び名が決まります。DKとLDKについて、少しだけ詳しく触れていきたいと思います。

そもそも、「L」「D」「K」とは

Lはリビングの略。テレビ見たり家族団らんの部屋ですね。Dはダイニングで、食堂の略。Kはキッチンの略で台所を意味します。Kはキッチン単体の部屋。DKはダイニングとキッチンが一緒になった部屋。LDKはリビングとダイニングとキッチンが一体となった部屋を表します。

L=リビング テレビ見たりと寛ぐ部屋のこと
D=ダイニング 食堂のこと
K=キッチン 台所ですな
S=サービスルーム ピンとこないけど納戸のこと 物置部屋だな
RF=ロフト アパートではほぼないかな~

LDKとDKの定義とは

LDKなのかDKなのかは広さで決まります。それは一律ではなく、居室の数によって2通りに分かれます。具体的には居室が1つの場合と2つ以上の場合で異なります。居室が1つの場合、6畳以上が1LDK、6畳未満は1DK、4.5畳未満は1Kとなります。居室が2つ以上の場合は、10畳以上が(2)LDK、6畳以上が(2)DK、6畳未満は(2)Kとなります。

KDKLDK
居室が1つの物件4.5畳未満(1K)4.5畳から8畳(1DK)8畳以上(1LDK)
居室が2つ以上の物件6畳未満(2K)6畳から10畳(2DK)10畳以上(2LDK)

LDKの方がDKより人気があって家賃は高い傾向に

どちらかと言うと、古めのアパートはDKが多く、最近のアパートはLDKが主流です。ということは、LDKの方が人気があり、家賃も高い傾向にあります。古いアパートも大規模リフォームで3DKだった間取りを2LDKにして、入居者を呼び込もうとしていることも少なくありません。それだけLDKが人気という証拠です。

3DKの仕切りを一つ取っ払えば2LDKの出来上がりです。LDKの広い部屋が一つあるのか、または間仕切りの多い間取りとなるかの差です。どちらにもメリット&デメリットがあり、それは住む人のニーズによって決まってきます。イメージとしてはLDKはソファーで寛ぎながらテレビを見る。1つの部屋のスペースが広いので、家具やソファーなど置く自由度が高くなりますね。

3DK だと仕切られた部屋数が多くなるので、居住人数が多い場合には良いのかな。また、キッチンや食堂とリビングを分けたい人はLDKよりDKでしょうね。

LDKの方が人気は高いけど、LDKもDKも一長一短。住む人のニーズに合う間取りを選ぶことだな。

最後に一言

LDKがお勧め的な記事になりましたが、実のところ我が家は2DKなのです。2DKとは言っても限りなく2LDKに近いです。内訳はDK=9畳。10畳以上がLDKと名乗れるので、もう一息でLDKだったのです。あとの残りは6畳の和室と7.5畳の洋室。7.5畳の洋室を6畳にしてもらって、そのぶんLDKに振り分けてもらいたかったな・・・と思っております。

個室は6畳以下で十分かな~。ただし、収納はしっかりあるのが前提ですが。そして、LDKは広い方がよい!多くの時間を過ごすLDKがゆったりしてるに越したことはないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました