賃貸アパート&マンション インターネット『完備』と『対応』の違い | アパート探し 素人目線で感じたポイントを

賃貸アパート&マンション インターネット『完備』と『対応』の違い

今やインターネット環境はテレビや冷蔵庫などと同様に、生活する上での必需品。パソコンやゲーム機はもちろん、スマホでもWi-Fiがないとデータ使用量がとんでもないことになってしまいます。

インターネット『完備』と『対応』の違いは

まず、インターネット完備というのは、入居してきてケーブルを接続するか、Wi-Fiの接続設定をすれば、即インターネットを使うことができる物件です。既にプロバイダ契約済みで、インターネットの料金も家賃に含まれています。

対して、インターネット対応は、外の電線などから物件の共有部分までは引き込まれていますよという状態。ですので、部屋の中への引き込み工事、プロバイダー契約は必要となってきます。もちろん、その料金は自己負担です。物件によっては部屋まで配線が来てるところもあったり、稀に前の住人が引き込んでいる場合があり、それはとてもラッキーと言えるでしょう。

・『完備』はすぐ使える状態で無料
・『対応』はプロバイダ契約と費用は借主

インタネット完備の物件

最大のメリットは入居即インターネット使用可!

入居してきて工事も契約も不要で、すぐにインターネットが使えるというのが最大のメリット!ただでさえ引越しの時は他の手続きなどでクソ忙しいので、面倒な工事の手配が必要ないのは助かります。工事当日は立会いも必要になってきますし。

メリットばかりではない 落とし穴も…

無料で入居即使えるのはいいけど、使い始めるとこんなはずじゃなかった…といった場合も。インターネット完備の物件は恐らく1つの回線を複数の入居者で分け合います。夕方から夜の時間など、集中する時間帯など、速度が極端に遅くなってしまうケースがあります。

普通にネットサーフィンする程度なら問題ないでしょうけど、動画やゲーム、大容量のデータをダウンロードすることの多い人はストレスになるでしょうね~。

結局、耐えきれなくなって、自前で回線を引く羽目に…なんてことも。インターネット無料とは言っても、純粋に無料であるはずもなく、費用は家賃や共益費に上乗せされていると思うのが当然でしょう。もちろん、一括契約なので、個々で契約するよりは安いかもしれませんが…。ですので、自前で回線を引くと、二重払いになってしまうわけです。アホらしいですよね。

インターネット料金は家賃や共益費に乗っけられてる?

前にも触れてますが、インターネット無料とは言っても、家賃や共益費に上乗せされていると考えるのが普通でしょう。ただ、導入の際は一括なので、割安にはなってるでしょうけど。あとは、客寄せの目玉としてのインターネット無料の場合もあり!です。

一応、周辺の同条件の物件と家賃や共益費を比較しておきましょう!

共用Wi-Fiにご注意!

Wi-Fiを辿って他の入居者のパソコンに侵入できるケースも。共用Wi-Fiはセキュリティもあるとは思いますが、念のため確認しておいた方がよいでしょうね。クレジット情報など個人情報がパクられる恐れあり!

『インターネット完備』は入居してすぐにインターネットが使えるってのが最大のメリット!

インターネット対応の物件

入居時は手続きや工事が面倒臭い

対応という言葉が微妙なのですが、通常は部屋の中まで引き込まれていません。(引き込んである物件だとラッキー!)なので、引き込み工事をしないといけません。当然、費用がかかります。費用がかかるだけならまだしも、手続等が結構面倒なんです。

プロバイダーを決め、工事の申し込みをし、工事当日は部屋の中まで引き込むので立会う必要があります。引っ越しの前後はただでさえ忙しいのに、インターネットの手続きでかなりの労力を奪われてしまいます。

月々の使用量にプラス初期の工事費がかかる

工事費はプロバイダーによってまちまち。15000円とか25000円とか。ただ、プロバイダーのキャンペーン等で工事費は実質無料になる場合も多いです。その他に初期費用として事務手数料が3000円ほどかかるところが多いです。月々の料金は光ファイバー接続で3500円から5000円くらいでしょうか。月々の費用は仕方ないですよね。

自分で回線を引くメリット

インターネットにこだわりのある人は、完備より対応の物件にして、自分の好きなプロバイダーを選んだ方がいいのかな。とくにスピードと量を求める人には。逆にこだわりがなく、とりあえずネット…という人は完備でよいのかと。

あとは、今までの契約の流れというのもあるでしょうし。

インターネット『対応』というのは、プロバイダ契約は自分でしないといけないんだ~。もちろん料金も自前。
イチから工事となる『対応』にもなってない物件よりはずいぶん楽です。

モバイル回線を利用する

モバイルルーター

スマートフォン用の通信回線を利用したモバイルルーターも便利です。工事はもちろん不要で、持ち運びできるのが最大のメリット。デメリットとしては使用量に上限があるので、たくさん使う人は注意が必要です。

ホームルーター

同じスマートフォンの回線を使用しますが、こちらはコンセントに差して使うので持ち運び前提ではありません。メリットは使用量に上限がなく使い放題。光回線やADSL回線の代役として十分と言えるでしょう。定期的に引越しをする人にはとても便利です。どこに引っ越そうが、コンセントに差せばインターネットにつながるのですから!

最後に一言

ボクは引越した時に新しく光回線を引きました。あまり情報がないまま、流れで申し込んでしまった感じです。手続きや工事の立会いなどは面倒だったのですが、それが終わって落ち着いた今は光を引いといてよかったかなと思います。

それでも、次に引越す時はインターネット完備の物件を探すと思います。その頃にはインターネット事情も変化しているかもしれませんが…。インターネット完備で気に入った物件がない時は、ホームルーターの契約をするだろな~。やっぱ、お手軽なので。旅行先など出先で使えるモバイルルーターも捨てがたいかも。

その頃には5Gがどうのこうの言ってるかもしれませんね~

コメント

タイトルとURLをコピーしました