アパート借りる時の保証会社ってなんだ? | アパート探し 素人目線で感じたポイントを

アパート借りる時の保証会社ってなんだ?

今回ボクがアパート探しをして一番なんだこれ?って思ったのが保証会社。SUUOMやホームズなどで物件の詳細を見てると、備考欄にある保証会社の存在。保証会社利用可とか必須など。なんだろうな~とちょっと調べてみると、連帯保証人の代わりになるような感じで書いてあります。

そもそも保証会社とは

賃貸アパートの場合の保証会社というと、家賃保証会社とか賃貸保証会社と呼ぶみたいです。以前は連帯保証人を立てるのが一般的でしたが、最近では保証会社が間に入ることが多くなりました。もし入居者が家賃を滞納した場合に立て替えて支払います。もちろん滞納分は保証会社に返さないといけませんよ。その対価として、入居者は保証会社に保証料を支払います。

素人考えでは、大家さんにはメリットの大きい仕組みなのかなと。家賃の取りっぱぐれがないですからね。入居者にとっては一長一短な気が。

保証会社とは連帯保証人の代わりのようなもの。対価として保証料を払わないといけません。

保証会社を利用するメリット

アパートを借りる時には連帯保証人が必要でした。頼めるのなんて親族ぐらい。その親族にもなかなか頼みづらくなってきたご時世です。保証料は必要ですが、保証会社は連帯保証人の代わりになってくれるというわけです。

また、保証会社を利用することで、部屋を借りる際のハードルが下がります。実際に連帯保証人よりも保証会社を立てる方が審査は甘くなるようです。それに伴う大家さんの安心感から、敷金が低く抑えられるというメリットも。

保証会社のメリット
・保証料は必要だけど連帯保証人を立てなくてすむ
・審査が通りやすい
・敷金が安く抑えられる場合も

保証会社を利用するデメリット

余分な出費が増えるのが最大のメリット。保証会社初回委託料という名目で家賃の0.5~1ヶ月分を取られちゃいます。また、更新時には更新料も必要。初回よりはだいぶ安くなるようですが。契約によっては月々の手数料みたいなのも取られます。ボクの場合は1ヶ月500円。月々の家賃を保証会社に支払い、大家さんへは保証会社から支払われます。その手数料のようです。500円取るなら直で払わせてくれよって感じです。

保証会社のデメリットは余分は費用がかかるというこの1点!

今どきの保証会社の実情

昔ながらの連帯保証人を立てる物件、保証会社利用必須の物件、保証会社利用可の物件に分かれます。入居者に金銭的な余裕があり、無理なく連帯保証人を立てれる人なら、無駄な保証会社は立てたくないですよね。個人的には、入居者の都合で決めれるようにするのが公平と思うんですがねぇ。大家さんにメリットがあるシステムなんですから、保証料は大家さんが払えばいいんじゃないかと思ってしまいます。不動産やと保証会社が結託してるとしか思えない…。

大家さんにメリットのあるシステムなのに、わたしたち入居者が保証料を払うんだ~。納得いかないけど仕方ない・・・

保証会社の審査内容とは

アパート数件見学して、ここに決めます…の時点で審査。不動産屋で審査項目を記入。審査項目は職業と勤続年数、年収、年齢、そして身分証明書を添付したのかな。ハッキリは忘れました。数日後に審査が通った連絡が不動産屋から来ました。結構ドキドキでしたね~

最後に一言

保証会社のシステムは絶対的に大家さんにメリットあり。なのに保証料は入居者が支払う。不動産屋と保証会社が結託してるとしか思えない。少なからず入居者にもメリットはあるんですけどね~。保証会社は入居者の選択制にしてっくれるとありがたいです。

コメント

  1. […] 保証会社についての記事はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました