賃貸の一戸建てってどうなんでしょう? | アパート探し 素人目線で感じたポイントを

賃貸の平屋一戸建てってどうなんでしょう?

賃貸といえばアパートやマンション。平屋は土地の効率が悪いですからね。同じ広さの土地なら集合住宅を立てた方が、大家さんとしても収益もあがります。ですので、土地の高い都会ほど平屋は見られない傾向です。

どんどん減っていく傾向の平屋建ての賃貸ですが、反面根強い人気があるのも事実。集合住宅に比べてゆったりと生活できそうです。集合住宅と比べてのメリット&デメリットを考えてみたいと思います。

平屋一戸建てのメリット

騒音や振動に悩まされることがない

なんといっても独立した一戸建てなので、隣や階上・階下の騒音とは無縁。もちろん夏に窓開放で大声で騒げば隣には聞こえるかもしれません。しかし、あの気になる壁や柱を伝わってくるコツコツ音やドタドタ音はないですからね。

ですので、お子様のいる家族には騒音の面で考えると一戸建てはおススメです。周りからの騒音は自分が我慢すればいいのですが、自分たちが元の騒音で苦情が来るのが最悪。ご近所さんとの関係が悪くなると、住んでいられなくなりますからね。

掃き出し窓と庭を有効利用できること

2つ目のメリットは庭。掃き出し窓から庭に出られたり、縁側があって寛げたり。集合住宅では味わえない、一戸建て気分が味わえます。物件によっては庭を畑として利用できるものもあり、家庭菜園が趣味の方にはうれしいかも。直接庭を畑にはできなくても、植木鉢やプランターを置いたりと、庭を飾ることができます。集合住宅では考えられないことですよね。お子様がいれば庭で遊ぶこともできます。

防犯面は意外と優れている・・・?

あと、デメリットと裏腹な面もありますが、お隣さんや道路からよく見えてしまうため、逆に防犯性は高くなる傾向です。侵入するのは物理的に容易ですが、泥棒にとって周囲の目は一番気になるはず。一見無防備にみえる平屋ですが、案外防犯面に優れてると言えなくもないです。

階段がないのでシニアが住むのに適している

階段がないということで、シニアの方が住むのにも適しています。平屋でも築年数が古いとバリアフリー化されてないかもしれませんが、やはり階段を登らずに済むのは大きいはず。防犯面もし強盗に入られた時に逃げやすいというのもメリットになるのかな?一つ一つの間取りにも余裕がありますし。

引越しが楽で安くなる可能性も

引越しが楽なのもメリットになるかな。とにかく搬入&搬出がしやすい!集合住宅だと狭い階段を登って、狭い入口から搬入。大物はベランダから吊り上げor吊り下げ…。大変です。それに比べて平屋建てだと、玄関はもちろん、庭を通って掃き出し窓からも搬入できたりします。トラック横付け率も高そう。なので、引越し料金は安くなる可能性が高いです!

平屋一戸建てのメリットの筆頭はやっぱり騒音を気にしなくていいってことか。あとは庭があることかな。

平屋一戸建てのデメリット

周囲の目が気になることが多い

メリットのところで防犯面には有利と書きましたが、やはり周りから丸見えになる物件が多いです。お隣さんはもちろん、道を歩く人の視線も気になるかもしれません。昼間は窓を開けていても中は見えにくいですが、夜はカーテンを常に閉めてないと丸見えです。

ただ、密集したところでは、集合住宅の2階以上に住んでいても、窓を開けると目の前がお隣さんの窓…というのも珍しくありません。平屋の方が隣との距離は保たれていそうです。

ベランダがないので洗濯物が干しにくい

洗濯物も気になりますね。アパートだとベランダがあることが多いので、外干ししやすいです。下着なども比較的干しやすいです。平屋だと庭に独立した物干し台を置いて干すか、部屋干しにするかですね。

庭があることで草が生えるし虫が多い

庭はメリットにも上げられますが、草が生えてしまうのはデメリットでしょうね。庭いじりとかお好きな方はマメに除去できそうですが、そうでない人にとっては厄介。忙しいとそれどころじゃない…と。庭に関連して、集合住宅より虫に悩まされる確率は確実に高いと思われます。結構切実だったりして。

物件によっては暑さ寒さが厳しい場合も

平屋建ては傾向として、夏涼しくて冬は寒いのかなと。集合住宅なら必ず隣があって外気と遮断されます。両隣があるとなおさらです。平屋一戸建てだと全方位外気と接しますからね。ただ、寒さ暑さはその物件の壁や窓の気密性によるところが大きいと思われます。

平屋一戸建ては周囲からの目線が気になるだろうな~。洗濯物も外には干しにくいかな・・・

最後に一言

集合住宅の良いところ悪いところ、平屋一戸建ての良いところ、悪いところ…。シェアとしては集合住宅の方が圧倒的。普通に賃貸に住むとしたら、ほぼ必然的に集合住宅となります。平屋一戸建てを選ぶ方は、あえて選んで住んでいるんでしょうね。ニーズとして、お子様のいる世帯かシニア世代ということに落ち着くのかな~


コメント

タイトルとURLをコピーしました