引越しの料金はどうやって決まるかご存知ですか? | アパート探し 素人目線で感じたポイントを

引越しの料金はどうやって決まるかご存知ですか?

引越しの料金ってどうやって決まってるのか知っていますか?基本的な項目としては下記のようになります。

引越し料金=トラックの大きさ(荷物の量)+運ぶ距離+作業員料+引越し資材代

引越し料金は各社で大差 必ず相見積もりを!

基本的な運賃の構成はトラックの大きさ(荷物の量)+運ぶ距離+作業員料+引越し資材代なんですが、とにかく振れ幅が大きいです。振れ幅の要因としては、引越の時期、曜日、何階から何階への引越しか、引越し業者の忙しさ、部屋がキレイか汚いか、客と営業マンとの相性…などなど。これらが絡み合って料金が決まります。

現在仕事が薄い業者なら安くしてでも仕事をしたいだろうし、忙しいところなら取れれば儲けものって感じで高めの料金を設定してくるでしょう。ですので、できるだけ多くの業者から見積もりをとるべきです。もしかしたら、同じ引越し屋さんでも営業マンによって値段が違うことだってあります。

引越し料金は水物。引越し業者によって雲泥の差がある場合も!かならず相見積もりを。見積もりを取る業者の数は大いに越したことはないです。

安けりゃいいってもんでもない

引越代は安いに越したことはありません。しかし、安かろう悪かろう…ではね。引越しにも品質があります。業者や作業員が引越しに精通してるか否かで差は大きいです。例えば、家具や家電の専用の梱包資材を使うのか、毛布などを被せるだけなのかでも違います。運搬の仕方にも技があって、杜撰な業者だと新居の壁に傷を付ける確率も高まるかも。引越し業者の品質まで見抜くのは難しいかもしれませんが、営業マンの対応などで判断できる部分もあると思います。見積もり金額だけでなく、総合的に判断して決めたいところです。

ちなみに、安かろう悪かろうよりひどいのが、高かろう悪かろう…です。これは引越し繁忙期に出現します。引越し件数が多いと、熟練した作業員は分散していしまいます。作業員確保のために学生アルバイトなど短期バイトを雇い、その占める割合が高くなってしまいます。作業員の質はガタ落ちですね。逆に繁忙期以外なら精鋭部隊が結集するので、とても質の高い引越しができるのです。

見積もり金額が安いのは一番の決めて!でも、安かろう悪かろうではなあ・・・。見積もり金額と引越しの質のバランスが重要ね。

引越し料金を構成する要因について細かく

引越し料金の決まり方はだいたいおわかりいただけたでしょうか?ここからは引越し料金を構成する項目を詳しく掘り下げたいと思います。

荷物の量

引越しの金額が決まる一番ベースになる部分ですね。この荷物の量によってトラックの大きさが決まり、作業員の人数が決まり、梱包資材の量が決まり、金額が決まるのです。引越しの見積もりは生活している状態のお部屋を見て行います。きちんと片付いた部屋の方が荷物は少なく見え、印象も良いのは間違いのないところ。

引越しを機に不用品を思い切って処分してみよう!身軽になるし、引越代も少しは安くなるかも?

距離

荷物の量と並んで引越し料金を構成するのが距離。ま、考えたら当然ですわな。考えなくてもそうですね。トラックが大きくて距離が遠いほど高くなります。国土交通省が定める標準的な運賃というものがあります。俗に言う定価みたいなもの。ただ、これはかなり高いので実際はもっと安いです。

ただ、引越荷物は一般の荷物より少し割高です。手積み手卸しで、荷姿もバラバラですからね。体力勝負です!

距離はどうすることもできません…。出てきた金額が妥当かどうかですよね~。

作業員の人数

荷物の量と搬出&搬入の大変さで決まります。大物家具がたくさんあるかどうかも影響しますね。家具が玄関を通らない場合は、ベランダから吊り上げ吊り下げとなる場合も。必然的に作業員数は増えます。自前でお手伝いが頼めるなら、見積もりの時に申し出ると引いてくれる場合もあります。ただ、引越し業者からすると素人のお手伝いはあまりアテにしてない場合がほとんどです。

県外への引越しの場合、積み地と卸し地でそれぞれ作業員を調達することが多いです。その場合は作業員代はかさみます。

作業員料はバカになりません。約15000円/1人ですから。大物を減らすことが可能なら、作業員数を低く抑えられる可能性も。

時期、曜日

世の中の常識のとおり、忙しい時期は高くヒマな時期は安いです。3月下旬から4月上旬の週末は、営業しなくても仕事は満杯になります。トラックや作業員のキャパは決まっています。決まったキャパでいかにオイシイ仕事を取るかが大命題となるのです。完全にいい値の世界です。高い見積もりを出して断られても、見積もり依頼は後から後からきますから。なので、避けれるものなら3月下旬から4月上旬の週末は避けるべき。

この時期以外は大きな山はありません。小さな山がいくつかある程度。休日よりも平日の方が安い傾向にあります。また、前にも書きましたが、引越し件数が少ない日の方が引越しの質は高まります。件数が多いと引越し作業の精鋭は分散しますが、1件しかないと精鋭ばかりでの作業となります。

できることなら3月下旬から4月上旬の引越しは避けれるのなら避けましょう!その他のシーズンも土日より平日の方が安くなるかもです。

何階から何階?

1階に荷物を搬入するのと、エレベーター無しの5階に搬入するのとでは雲泥の差。階数で金額が決まるわけではないけど、階が高くなると作業員を増やす必要があり、そのぶん値段は高くなります。また、階段が狭くて家具の搬入が大変そうな場合も印象は悪くなって高くなる可能性がありますね。

部屋がキレイか汚いか

これは見積もりに行った時の印象ということになりますが、部屋がきれいに片付いている方が安くなる可能性が高いです。引越し当日はお客さんの準備次第で大きく作業効率が変わってきます。普段から片付いているところは、引越の準備もきちんとできてる場合が多いからです。ひどいところだと、引越し当日に箱詰めしてるようなケースも。予定通りに進まず、引越し業者もイライラしますよね。

あまりに汚い部屋だと、見積もりに行った人の印象として、ここはやりたくないな…と感じるはず。受注できなくてもいいやと高い見積もりを出します。もし受注できたら儲けもの。これは面倒くさそうな人、細かそうな人にも当てはまりますね。クレーム付けてきそうな人の仕事はやりたくないですから。

普段から部屋が片付いていない人は、引越の準備もきちんとできていない傾向があります。見積もりの時は部屋を片付けておきましょう!

混載または帰り荷

これは繁忙期くらいしかないです。複数のお客さんの荷物をトラック1台で運ぶというもの。当然割安になりますが、偶然にも同じ日程で同じ方面に荷物があるかどうか。狙ってはできません。基本は1台で1人のお客さんです。混載と同様に運が良ければ帰り便に載せるという場合も稀にですがあります。これも偶然が重ならないとありません。

混載も帰り荷も見積もりの時点で確定することは難しいところ。

混載便や帰り荷はあればラッキーってとこか。最初からアテにするものではなさそうだな。

当日か1泊2日か

積み込んだ当日に卸す場合と、翌日以降に卸す場合とでは多少金額が変わる場合もあります。1日で終わるのか、2日がかりなのかは大きいです。1日で終わると、翌日は別の仕事ができますからね。交渉の余地はあると思います。が、日帰り引越しは業者より客の方が忙しくなってしまいますね。

荷物の搬出後に退去の立合いをし、光熱費の手続きをし、管理会社に鍵を返し、行った先では搬入の前に鍵をもらってきたり…と慌ただしくなります。

最後に一言

何はともあれ、複数見積もりを取ることに尽きます。車の下取りだって各社幅が大きいですからね。料金は安いにこしたことはないですが、あとは引越しに精通してるかも重要。金額だけでなく、そのあたりも見抜ければ。全国チェーンの引越し業者なら、一定レベルはあるんじゃないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました