アパートとマンションの違いって何?メリット&デメリットは? | アパート探し 素人目線で感じたポイントを

アパートとマンションの違いって何?

定義は特になし…が正解のようです。

アパートとマンションに明確な規定や区分はないようです。大家さんや不動産屋が、これはマンション!これはアパート!と、ある意味言ったもの勝ち的なところも。しかし、平屋の物件をマンションと言うこともないでしょうし、高層アパートってのも聞いたことないですよね。

でも、だいたいみなさんイメージはあるんじゃないでしょうか?物件を見て、これはアパート、これはマンションってわかりますよね。明確な規定はないにしても、大まかな区別はありますので、これから少し掘り下げて紹介していきますね。

アパートとマンションの違い

なんと言っても、アパートは庶民的でマンションは高級なイメージがあります。実際のところこれは当たっていて、家賃をみれば一目瞭然。建物がしっかりしていて、設備が充実していれば、マンションの方が家賃が高くて当然でしょう。

具体的な項目をあげてアパートとマンションの比較をしてみますと…

アパートマンション
構造木造
軽量鉄骨
鉄筋コンクリート(RC)
鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)など
建物の高さほぼ2階建て以下3階建て以上
防音性
防犯面充実いまいち
家賃高い傾向安い傾向
マンションタイプの中でも小規模な方でしょうか。家賃を調べてみますと、一般的なアパートよりも少し高い程度でした。ちなみに間取りは3DKのようです。
高級そうに見えますが大東建託の物件なので、いわゆるアパートに分類されると思います。最近のアパートは見た目の施設も充実したものが多くなっているようです。

アパート、マンションのメリット&デメリット

アパートとマンションのメリット・デメリットと言っても、表裏一体のところがありますよね。マンションは造りがしっかりしてて設備が充実しているので、そのぶん家賃が高くなるのは当たり前。アパートはその逆で、そのぶん家賃は安くなります。防犯面、防音性についても同じことが言えると思います。

端的に言うと、マンションは設備が整ってるので家賃が高い!アパートは設備がイマイチなので家賃が安い!これに尽きます!物でも同じことで、高機能パソコンは高くて、機能最低限のパソコンは安い。

造り、設備などほとんどの項目でマンションに軍配が・・・。アパートのメリットといえば家賃が安いことくらい。これがとっても大きいのですが・・・

アパートに向いてる人、マンションに向いてる人

色々なサイトを見ていると、アパートに向いている人、マンションに向いている人という項目があります。防犯面が気になる人はマンション、防音性重視の人はマンション、設備充実の人はマンション、家賃重視の人はアパート…などなど。まあ、当たり前のことですよね。

質素な住まいで質素な暮らしを好む人は少なからず存在します。そんな人以外、ほとんどの人はいいとこに住みたい欲はあるはず。マンションに住むか、アパートに住むかの分かれ目は、多くの場合は住む人の収入によるんじゃないでしょうか。

給料の高い人はマンションに住み、安い人はアパートに住む・・・が定説かな。もちろん、個人の考え方や家族構成、立地などにもよるだろうけどね。

最後に一言

そんなワタクシですが、やっぱりマンションに住みたいです。でも、見合った収入がございませんのでアパート暮らしに甘んじている次第でございます。ま、身の丈に合った部屋に住むってことですね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました