アパート探し 素人目線で感じたポイントを

アパート探し よかったこと、悪かったことを実体験から

若い頃は転勤族で定期的に引越ししていましが、このたび約20年ぶりにアパート探し&引越しをしました。久しぶりのアパート探しで、ずいぶんとアパート事情が変わっててビックリです。

お部屋探しのメインは雑誌からインターネットになり(今のご時世当たり前か!)、保証会社とか契約一時金など初めて聞く言葉もあったりで、20年というブランクを感じさせられました。

勉強不足のまま不動産屋へ行き、深く考えることなく勢いで決めちゃいました。入居後もやっぱり気になって、賃貸情報は毎日のようにチェックしてしまってます。おかげで随分と詳しくなっちゃいました。もちろん素人の域は脱しませんけど。反省点、後悔してることなどをふまえ、ホームページにまとめてみることにしました。

アパート探しに適した時期は

年度替わりの時期は物件は多いが需要も多く慌ただしい

年度替わりの3月前後は物件は激動します。お世話になったエイブルさんでは1月末から動き始めると言ってました。物件は多く動くのですが、そのぶん需要も多くなることに。また、退去から入居までの期間が短いことから、ゆっくり選んでる暇がない…。また、タイミングによってはお部屋見学できない場合も。引越しも繁忙期料金でボッタクリ価格。

デメリットも多いですが、やはり物件が多いのは魅力です。

閑散期はじっくり選べるだけでなく、思わぬ特典もあり?

転勤とかでなければ、年度替わりの繁忙期は避けた方がいいですね。リフォームも終わった即入居可の物件も多いんじゃないでしょうか。退去から入居までの時間があるということで、その間に設備のグレードアップの可能性も。実際にボクが入ったアパートも、エアコンが1台追加され、トイレにウォシュレットが付きました!忙しい時期と比べると、引越代もかなり安く上がるじゃないかと思われます。

情報集めはインターネットが便利!

言わずもがな・・・ですね。筆頭はコマーシャルでも有名なSUUMOかな。かのリクルートが運営しています。不動産屋各社の情報を掲載。あとはエイブル、ミニミニ、アパマンショップなど不動産屋直営のサイトがあります。昔ながらの地域の不動産屋はホームページの充実度に偏りがありますね。なので、どうしてもインターネットだと全国チェーンの不動産屋を見る機会が圧倒的に多くなります。取扱量も多いですし。

昔ながらといえば不動産情報誌。今でもあるにはあるけど、更新頻度がインターネットに比べると激劣りなので、利用するとしても参考程度になるのかな~

物件選びのポイント

物件を選ぶ際に何を重視するかは人それぞれ。間取り、家賃、築年数、立地…などなど。全てが望み通りの物件があればいいけど、そんなことはまずない。譲れない条件、妥協できるならその妥協点など、予めまとめておくとスムーズに事が運ぶんじゃないかと思います。

費用(初期費用、月々の家賃、更新時の費用)

費用に関する部分は奥が深くて複雑なので、別ページで掘り下げるとします。ここでは簡単に。

初期費用

まとまった金額になる初期費用が一番気になるところ。敷金礼金仲介手数料前家賃が大きなところ。その他にも保証会社を利用した場合の保証料火災保険2年分鍵交換費契約一時金などがあります。物件や不動産屋によって必要だったり不要だったりする項目があります。

初期費用について詳しく書いています

アパート探し 気になる初期費用
アパートを借りる時の初期費用は思ってるよりもずっと高額になります。敷金、礼金、仲介手数料・・・などなど。物件によってもだいぶ前後しますが、おおよその目安で家賃の5ヶ月分と言われています。初期費用の各項目について素人目線で書いていきたいと思います。

契約時に支払う初期費用は概算で1ヶ月の家賃の5倍と言われているようです。ですので、6万円の家賃なら30万円ということになります。ま、目安ですけどね。

戻ってこない礼金がゼロ円で喜んでたら、同じ意味合いの契約一時金が6万円必要だったりと、結構ややこしいので注意が必要です。必要のない消毒料など、不動産屋は素人だと思って吹っ掛けてくるので、最低限の知識を持ってアパート探しに挑みましょう!(ボクはここで失敗した!

主な初期費用
  • 敷金・・・家賃の〇ヶ月分 退去時に戻ってくるお金
  • 礼金・・・家賃の〇ヶ月分 戻ってこない 大家さんのもの
  • 仲介手数料・・・不動産屋の儲け(1ヶ月だったり半月分だったり)
  • 当月家賃・・・日割りで計算
  • 前家賃・・・翌月の1ヶ月分
  • 保証会社初回委託料・・・家賃の半月分とか
  • 火災保険2年分・・・実費(2万円前後?)
  • 鍵交換費・・・ディンプル
  • 契約一時金・・・戻ってこないお金 大家さんのもの
  • 室内消毒料・・・15000円前後(おそらく不要)

ここで参考にボクが契約した時の実際の初期費用を…。家賃が59000円なので、家賃のほぼ5倍ということになりますね。室内消毒料が余分だったなあ…と後悔(涙)

ぼくの実際の初期費用

家賃:59000円 共益費:なし 駐車場 2台無料

  • 敷金: 59000円
  • 礼金: なし
  • 仲介手数料: 64900円
  • 当月家賃(21日分): 39967円
  • 前家賃: 59000円
  • 保証会社初回委託料: 29500円
  • 火災保険2年分: 20000円
  • 鍵交換費: 16500円
  • 契約一時金: なし
  • 室内消毒料: 17050円

合計 305917円

月々の費用

月々の費用は基本的に家賃共益費(または管理費)+駐車場代です。光熱費や通信費は別扱いとしますね。家賃を安く見せるために、共益費を別に設けていたりしますので、目先の家賃に騙されないように!

ボクの場合 家賃59000円+共益費0円+駐車場代0円 合計59000円

例えば、家賃6万円で共益費なし+駐車場2台無料だと合計6万円。それに対し、家賃5万円でも共益費5000円+駐車場2台×3000円だと61000円になってしまいます。

家賃60000円+共益費0円+駐車場代0円 合計60000円

家賃50000円+共益費5000円+駐車場代3000円×2 合計61000円

あくまで合計金額で考えるようにしましょう!ただ、家賃の部分が安いと礼金&敷金、仲介手数料などは、家賃×〇ヶ月の計算なので、家賃の部分が安い方が初期費用が下がるというマジックもあります。

更新時の費用

例えば2年契約の場合、それ以降も住もうと思うと更新料などの費用が必要となります。なんだか納得いきませんけどね~。納得いかなくても契約書に書いてあれば仕方ない、従うしかないでしょう。

大家さんに支払う更新料、不動産屋に支払う更新手数料火災保険2年分(これは仕方ない)、保証会社への更新料がかかることになります。

電気、ガス、水道、インターネットなど

電気は今は電力自由化で選ぶことができると思います。ガスはアパート単位で入っているので、入居者が選ぶのはほぼ不可能ということです。水道は役所に直の場合と大家さん経由があります。前者の場合は開栓&閉栓を役所に依頼、後者は不要。インターネットは建物の設備だったり、前の入居者が光を引いていたらラッキーだったり、アパート毎、部屋毎に異なるようです。インターネット完備のアパートなら、そのぶん家賃から差し引いて考えてもいいかも。自前だと4000円くらいはしますからね。

電気や水道は提供元が変わってもそれほど大差はなさそうですが、ガスは業者によって当たりハズレが大きいようです。給湯器や設備工事費をガス屋さんが支払って大家さんには良い顔をし、アパートの住人から高額なガス料金を巻き上げて回収するという構図のようです。ウチはどうやらハズレ(涙)。今回の引越しで初めて知りました・・・。このあたりは別ページで詳しく泣き言を垂れようかと(笑)。

引越したアパートのプロパンガス料金が高くてビックリ!
アパートに引っ越して、プロパンガス料金が高くてビックリした人は多いんじゃないでしょうか?ボクもビックリ!で、色々と調べていくうちに、なんだか納得いかない理由が浮き彫りになってきました。結局はアパートの住人は弱い立場にあるようです。
引越した先のアパートでのインターネットについて
最初に断っておきますが、ボクはインターネットに詳しくないです。詳しくないことが災いして、アパートに引っ越す際に成り行きで光回線を引くことになりました。もともと光回線の設備がない物件だったので、光回線の引き込み工事を伴う新規契約...

20年前にはなかった項目 保証会社と契約一時金

保証会社

保証人を立てなくてもよいというのが借りる人のメリット。あとはデメリットだらけのような…。初期費用に月々に少しずつと更新時にもまた…。大家さんとしては取りっぱぐれがなくなるのは大きい。家賃が払えなくなった人の家賃を、まじめに毎月払ってる人が面倒をみるという納得いかないシステムです。

保証人不要!と、あたかも借主に恩恵があるような書き方をしています。気に入った物件が保証会社を通してないことを祈るのみです。

アパート借りる時の保証会社ってなんだ?
最近ではアパートを契約する際に保証会社を立てることが多くなりました。連帯保証人を探さなくてよいというメリットはありますが、そのぶん余分な費用がかかってしまうことに。大家さんにとってはメリットしかないシステムだけど、入居者にとっては一長一短かな。

契約一時金

礼金は戻ってこないお金。契約一時金も戻ってこないお金。礼金は個別の物件ページのはじめに出てくる項目。契約一時金はその他の設備の欄に目立たないように書いてあります。礼金がかからないと見せかけて、契約一時金を徴収するという、これまた納得いかないシステム。

間取りや設備など

物件選びで家賃と共に重要な条件となるのが間取り。住むのに必要な広さと部屋数ということになります。当たり前ですが、必要以上に広いと家賃が高くなり、狭いと窮屈になります。

間取り

2DKとか2LDKとかですね。これは部屋数や部屋の種類?を表しています。L=リビングD=ダイニングK=キッチンなどなど。物件の広さは専有面積を㎡で表します。初めて間取り図を見てもピンとこないかもですが、見慣れてくると一瞬で理解できるようになりますよ!見てると楽しくてワクワクします!

築年数

新しい方が良いの決まってます!が、家賃にも反映してくるのかな…。新築と築数十年で同じではね。古い物件は誰も入らなくなります。ただ、古くても内装が新しいと快適です。タイミングによってはエアコンが増設されたり、水回りが一新されたり、LDK化されたり、和室が洋室になったり。そんな時に入居できたらラッキーかなと思います。

設備

アパートタイプだと水栓はキッチンはレバー式が多いけど、洗面やお風呂は昔ながらの混合栓が多いみたい。リフォームでウォシュレットになってたり、洗面がシャンプードレッサーになってたり。重要な箇所は物件選びのホームページでは写真で紹介されているので、だいたいは確認できます。築年数の浅いアパートやマンションタイプはグレードの高い水栓を使ってるとこが多いです。

収納

押入れやクローゼットですね。所帯持ちの場合、ひと昔前までは洋服ダンス、和ダンス、整理ダンスは3点セット。場所をとるし、引越も大変でした。今はプラスチック収納やハンガータイプの収納が主流ですよね。

クローゼットよりも昔ながらの押入れの方が活用の幅が広いような気がしますね。個人的には。押入れに突っ張り棒をセットすれば、洋服をぶら下げられますしね。今はネットで押入れ活用術的なサイトも多いので、自分なりに工夫するのも楽しいのでは。

現在、外物置付きのアパートなのですが、カー用品等を入れるのに重宝しています。とくに寒冷地ですので、タイヤ置き場や雪かき道具入れに便利です。

洋室か和室か

ま、好みによりますが、畳はゴロンとできて和めます。問題は退去時。短期間でも畳は表替えは必須なので、6畳だと約5000円/畳として3万円は必要ということになります。いろいろと洋間の方が楽なのかなと思います。

あと、最近ではめっきり見ることはなくなりましたが、障子やフスマも貼り換えの必要があるので、退去時の余分な費用となりますね。

1階 or 2階 or メゾネット or テラスハウス

1階は階段登らなくてよいから楽。そのかわりカーテン閉めておかないと中が丸見え。夏、窓を開けっぱなしで寝るには微妙かな。2回は階段登らないといけないかわりに、プライバシー的には有利でしょうか。騒音的には2回の音が1階に響くことが多いと考えると、子供がいる場合は1階がいいのかも。バタバタ足音が響きます。

1階と2階に部屋があるメゾネットは、1階のメリットと2階のメリットを兼ね備えることになるのか…?とりあえず騒音を気にするのは横だけ。ちなみに、メゾネットと似た感じでテラスハウスというのがあります。細かいところはまたの機会に。大東建託でよくある玄関が1階で、すぐに階段になって部屋は2階というのは、メゾネットに当てはまりません。

初めての不動産屋から契約、引越までの流れ

ボクの場合を紹介します。引越しを考えはじめ、ネットで物件を物色するようになります。気になる物件があり、HP内から問い合わせをしました。すると、既に決まってしまっていました。他にも物件があるので、一度ご来店を…とのことなので行ってみました。ここがminimini。

とりあえずminminiはおいとま。あとエイブルとアパマンショップにコンタクトを取っていたので、まずはエイブルへ。ここで3軒内見(物件の見学)。3軒とも大きくは変わらないけど、特徴として①築年数は古いが値段が安い、②周辺の環境が良い、③広いが古く周辺がごみごみしている。②に絞って値段交渉してもらうと、応じてもらったので、ここに決めました。

物件①物件②物件③
家賃52000円61000円→59000円60000円
築年数約30年約20年約30年
間取り2LDK2DK3DK
専有面積約51㎡約51㎡約60㎡
周辺環境ごみごみしている図書館あどあって閑静周囲は田畑で開放的

まさに、あれよあれよの急転直下で決まってしまいました。実際のところ、すぐに物件を決めて引越ししないといけない状況ではなかったです。勢い以外の何物でもない感じ。エイブルのお姉さんも頑張ってくれましたし。その場で仮契約をし、1週間後にその他の書類をそろえて本契約。

入居開始日朝にエイブルでカギをもらって部屋へ。引越しの前に、この期にニトリで購入した家具の搬入。ベッドなどの大物を設置。翌日に引越しです。レンタカー借りて、友達の助っ人を呼んで、自力で引越し完了。ライフラインを開通させて、とりあえず寝ることができる状態に。

  1. ネットや雑誌等で物件を物色
  2. お問い合わせフォームや電話などで不動産屋に連絡
  3. 不動産屋へ 気になる物件があれば内見(見学)⇒良い物件があれば仮契約
  4. 引き渡し日を決定
  5. 後日、書類等をそろえて本契約
  6. 引越し当日に鍵をもらって引越し
  7. ライフラインを開通

引越

アパート転居で避けて通れないのが引越し。これがまた骨が折れるんですよね~。特に引越し前日、当日、翌日はぐったり疲れます。引越しに関しては、ボクは若い頃8年ほど引越し業界にいたのでセミプロです。若い頃から時間が経過しているので、あえてセミプロとしておきます。ですので、のちほど詳しくお話したいと思います。

引越しを自力でやる場合

レンタカー代は2トン車で10000円~/12時間。レンタカー会社によって差があります。荷物の量にもよるけど、助っ人は多過ぎることはないです。段ボールをあちこちでかき集めてきましょう。乗用車で運べない大物を優先で運びます。処分品がたくさん出るのも引越し。この際思い切って処分!処分までを最低レンタカーで。

費用としては(ボクの場合)、レンタカー代10000円+粗大ごみ処分料15000円(ボクの場合)+助っ人の昼飯代等6000円(1500円×4人)で、まあ概算で31000円でした。

引越し業者に頼む場合

引越しプランによるけど、通常は小物の梱包だけしておけば、大物や家電は引越し業者がやってくれます。料金はかかりますが、不用品処分もやってくれます。

引越し料金は時期や業者で大きく変動します。基本的には運賃+作業員代+引越し資材代です。運賃はトラックの大きさと距離で決まります。2トンで市内なら3万から4万くらい?近県なら5万から6万程度。作業員代は15000円/1人前後。今回のボクの引越し程度なら、閑散期なら5万以内で収まるかなと思われます(不用品処分除く)。3月前後の繁忙期だとボッタクリ価格となります。下手したら倍。最低でも3社は見積もり取りたいです。

引越し運賃30000円+作業員15000円+資材代15000円+処分料10000円 合計60000円

30000円差なら貧乏人は自力だな。予算があれば引越し業者。30000円くらいの労力の値打ちはあると思います。

退去

アパート探しのページだから退去はいいかとも思ったけど、今住んでるところも賃貸の場合は該当してきますね。簡単にお話しておきますね。

手続き関係

退去の手続きは1ヶ月前が一般的のようです。その他ライフラインの移転や解約など、やることはたくさんあります。が、気になるのは費用のことすよね。

退去時にかかる費用

これがドキドキですよね!引越し荷物の搬出が終わり、部屋がスッカラカンになったところで、大家さんか不動産屋の立ち合いで部屋のチェック。ここで退去費用が算出されます。

入居時の原状回復が基本ですが、大家さん負担になるものと借主負担になるものに分かれます。借主が不注意で付けた傷は借主負担。経年劣化による汚れや傷は貸主負担。これが基本なのですが、グレーゾーンがたくさんあるのが難しいところ。

例えば、壁紙に残った押しピンの跡は日常利用の範囲内とみなされ、貸主の負担となります。ただ、釘などの大きな穴は借主負担になるようです。壁の日焼けや黒ずみは貸主、引越時の傷は借主。などなど、ややこしいです。壁紙や床のクッションフロアの場合は耐用年数が6年なので、6年以上住んだ場合は壁紙に関する費用は請求されません。フローリングはまた別の扱いになったりとややこしい。総合的なクリーニング費は請求されることが多いようです。5万前後とか。

借主負担(自分)貸主負担(大家さん)
タバコや雨の吹込みなど借主の故意による損傷通常生活によるフローリングや畳の変色
カビを放置しての壁の汚れテレビや冷蔵庫の裏の壁の黒ずみ
壁に打った釘や大きめのビス穴押しピンや小さなビス穴
引越しの時にできた傷エアコン脱着による穴など
設備機器の故意による損傷設備機器の耐用年数到達による損傷

上の表はごく一例で、一般的な指針。賃貸契約書に書かれていることが優先されるようなので、きっちりと確認しておくことが肝要。相手はプロでこちらは素人。丸め込まれないように少しでも勉強して最後の立ち合いに臨みたいところです。

請求された費用は、入居時に収めた敷金から差っ引かれます。余れば戻ってきますし、足りなければ請求されます。

最後に一言

入居時も退去時もある程度勉強して臨まないと損をします。相手は毎日仕事してるプロです。こちらは素人。無駄なものを勧めてきます。グレーゾーンは借主負担に仕向けてきます。防衛する意味でも最低限の知識を付けたいところですね。・・・と、自分に言い聞かせてます。

タイトルとURLをコピーしました